こちらでも情報発信しています!

Facebookページ や Google+   にも情報を載せています。

番組からのお知らせやAll Aboutの最新記事、
blogの更新、そして取材こぼれ話など
こちらからも発信するので、
よければ「いいね!」やフォローをお願いします。

【藤丸由華Twitter】
https://twitter.com/fujimaruyuka

【藤丸由華Facebookページ】
https://www.facebook.com/fujimaruyuka

【藤丸由華Google+】
https://plus.google.com/u/1/101436522458492684296/posts

 

2018年7月 8日 (日)

11周年は漱石先生のご自宅からオンエア?!~その②~

まずは西日本豪雨で被害にあわれたみなさま、心痛めているみなさま、
心からお見舞い申し上げます。

今回被害の大きい岡山は小川洋子さんの故郷・・・。

番組でも2012年のちょうど今頃、番組スタート5周年記念の企画で訪れ、
地元の方々には本当に温かく迎えていただきました。

映像など見るたび心が痛みます。
これ以上被害が大きくならないよう、祈るしかできないのが歯がゆいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先週から引き続き 『パナソニック メロディアスライブラリー』
番組スタート11周年記念。
早稲田の新宿区立漱石山房記念館からオンエアいたしました。


Soseki22
さてスタイリッシュな記念館の中を
学芸員の久米美弥子さんに同行していただきながら小川さんと探検!


Soseki27
漱石に縁のある人物たちを、写真で知ったり・・・


Soseki24
漱石が晩年の9年間を暮らした漱石山房(再現)の一部を
こんな角度から眺めたり・・・


Soseki29
漱石が好んだ植物を間近で見たり


Soseki26
漱石が作品の中に綴った印象的な言葉をじっくり味わったり


Soseki25
噂の「漱石の長襦袢」の現物も!
その華やかさにびっくり。
見えないオシャレにこういったものを着るとは
漱石先生、かなりのファッショニスタですなぁ。

オシャレといえば漱石の書斎・漱石山房も和洋折衷の独特な雰囲気で、
「CASA BRUTUS」や「ELLE DECOR」あたりに紹介されても
違和感のない素敵さでした!
(これは是非、現物をその目でご覧になってください☆)


Soseki21
そして2週に渡ってご登場いただいた
漱石のお孫さんの半藤末利子さん

とっても素敵なマダムで、
小川さんと「あんなふうに歳を重ねていけたらいいですねぇ」と、
すっかりファンになってしまいました。


Soseki20
私がこれまでお会いした中で、最もピンク色の似合う女性!

・・・このオシャレさは遺伝でしょうか・・・。


そんなこんなで文豪・夏目漱石の素顔に触れた文学散歩は無事終了。
「知っているつもり」の漱石の体温が感じられ、
もっともっと身近になるこの記念館。是非足をお運びください!



Soseki28
これからもこのメンバーで良き番組づくり、励んでまいりますっ!
(あっ、漱石先生が・・・では番組特別顧問ということで以後よろしくお願いします)




2018年7月 1日 (日)

11周年は漱石先生のご自宅からオンエア?!~その①~

今日から7月。

番組スタート11周年を迎えました!

番組が歳を重ねていけるのは温かく見守ってくださるリスナーのみなさまのお陰、
感謝しかありません。

「あの作品を取り上げてから早◯年!?」
「あのロケの時は、私まだ◯歳だったんですね!!」と、
ことあるごとにドン引き…いや、驚いている私たちですが、
これからもどうぞよろしくお願いします。

さて番組の誕生月である7月は恒例のお出かけ企画ですが、
今回は番組で取り上げた本の記念すべき1作目だった
『こころ』の生みの親・夏目漱石先生の自宅跡に建つ

Soseki1
実は私、親戚の家や家墓のあるお寺が早稲田になので、
小さい頃から非常~に馴染み深いエリア。
(画像は漱石の作品にも度々登場する誓閑寺。区内最古の梵鐘があります)

都心でありながら昭和な雰囲気も色濃く残す、
いい雰囲気の場所なのですが、
ここに昨年、かなり豪華な漱石の記念館が建ったと聞いて、
伺うのを楽しみにしていました。

Soseki8
文学館に近づくに連れ、いつの間にかネコが案内を!

Soseki4
そして住宅街に突如現れたのが、
なんとモダンな建物!漱石山房記念館です。

漱石が晩年の9年間を暮らし、『三四郎』『こころ』『道草』など、
数々の文学遺産が生み出された漱石山房。
残念ながら建物は昭和20年の空襲で消失してしまいましたが、
漱石を愛する沢山の方の尽力で、
その面影を残す文学館が開館しました。

Soseki2
お庭には『吾輩は猫である』のモデルになった猫のお墓を、
実際使われていた石を再利用して作った石塔が。

Soseki6
虞美人草など漱石ゆかりの草花が庭を彩ります。

Soseki3
訪問したからには、やはり漱石先生と記念写真は必須!

Soseki7
あら、建物の入口入ってもまた漱石先生!
いやはや歓迎してくださって恐縮です。

Soseki5
入口近くのブックカフェ「CAFE SOSEKI」に
なかなか手に入らない東京の大人気和菓子・空也のもなかがあったのは
見過ごせませんでしたが、
(もなかを食べられるのは、銀座の空也とここだけだそう!
漱石作品に空也が登場するのがご縁だとか)
漱石の生涯を感じられる展示物の数々に、
記念館の奥へ奥へと誘われてゆくのでした・・・


<つづく>

2018年6月 1日 (金)

賞をいただきました!

うわっっっっっ coldsweats02


気がつけば半年blog更新していませんで・・・


メロディアスライブラリー」や「All About」などの
サイトからお越しいただいたみなさま、大変失礼いたしました。

光陰矢の如し。
ぼんやりしていたら2018年ももう終わっちゃいそうですね。
(そらまだ早いだろ)

さて5月も終了してしまいましたが、
誕生日月ということもあってか、
なんだか嬉しいことが色々ありました。


誕生日当日にTFM時代の仲良し先輩・しばやん
(柴田玲さんをこう呼ぶのは私だけ)と仲良し作家のKさんが、
子供が小さくて身動き取れない私のために、
わざわざ家まで来て急遽誕生日会をしてくれたりbirthday

ずっとご無沙汰だったご縁が復活して、
ナレーションのお仕事をいただいたり。

珍しい、ちょっと照れる光栄な取材をうけることになったり。


そして度肝を抜かれた嬉しいできごとが・・・


賞をいただいちゃいましたshine


Img_7047_2

私が「東京」ガイドを務めるAll Aboutでは年に1度、
ガイドが一堂に会する「Red Ball Japan」という集まりがあるのですが、
その場で、「2017年度MVP」をいただいたんです。


賞なんていつぶり?!

























あ、




小学校の作文コンクール以来でした happy02



さて、今回頂いた表彰状
downwardrightdownwardrightdownwardright


Img_7051

この受賞理由コメントを読んだときは思わず目頭が熱く・・・

これも提案するネタに
毎回食いついてテンション上げてくださる編集部のみなさん、

無理を温かく聞いてくださる取材先の広報・PRの方々、

そして時に励まし合い、
取材先でお会いするとホッとできる存在のガイドのみなさんのお陰です。

ガイドに選んでいただいてちょうど10年の節目。
これからもマッハで記事を書けるようがんばりますので
よろしくお願いします。


さて10年という間には沢山の担当さんにお世話になりましたが・・・

Img_7096

現担当の小西真緒さんと。

どんどん若くなる担当さん。
もはや私の娘でもおかしくない年齢まできております・・・ひー!

2017年11月18日 (土)

エセレブ、ザ・ペニンシュラ東京開業10周年ガラパーティへ行く!

先日、わたしの2017年の中で、
最も豪華絢爛な会にお招きいただきました。


Pp20174

ザ・ペニンシュラ東京の開業10周年ガラパーティ!

当日はホテルも華やかにライトアップ。
エントランスでは祭り太鼓の音が響き渡り、
日比谷エリアがお祝いムードに包まれました。

開業前内覧会に伺った頃はまだTOKYO FMの社員で、
その案内レターのデザインもまだ鮮明に覚えているというのに・・・もう10年!
時の流れは音速級。あっという間ですね。

Pp20171

ところで随分前に招待状をいただいたのですが、
一体どんなパーティなのか想像もつかず、
パーティ当日までかなりどきどき・わくわく。

特に最もそわそわしたのが・・・

Pp20172

ドレスコード“カクテルドレス”

はて・・・カクテルドレス・・・ってなんざましょう。

“エセレブ”または“ニセレブ”として、
日々東京のコンクリートジャングルを走り回っている私には、
このおハイソな響き、まったくピンとこず、
ネット検索の鬼と化して調べてもとんと見当がつかず。

しかし!こういう時に安心してどんと頼れるのが・・・

Pp20173

日本が世界に誇る、ざ・どれす=着物でございますっ!

着物は「ワンピース感覚ならこれ」
「結婚式にはこれ」「お茶事にはこれ」などなど
種類と用途があらかじめ決まっているので、
ドレスコードがある時など、迷わず決められて本当に楽なのです。
出産してからお茶のお稽古もお休みしていてかなり久々でしたが、
着物の力を借りて、いざ!

な、なんとこの日はエントランスから各レストラン、バンケットルームなどなど、
ホテル全館(ほぼ)まるごと使っての大パーティ。

角を曲がる度に・・・

Pp20175

ライブあり、

Pp20176_2

お料理あり、

Pp20177

スイーツあり!

特にお料理はザ・ペニンシュラ東京ご自慢の、
北京ダック、キャビア、フィンガーフード、ワイン、
チョコレートが惜しみなく振る舞われて、
立食パーティの概念を覆す豪華さでした。

Pp20178

こちらはずっとお世話になっている広報部長の佐野知夏さん。
実は大学の後輩だった!ということが判明して以来、
公私に渡って大変仲良くさせてもらっています。

ところで私の考える「良いホテルを見極めるチェックポイント」の中に、
「スタッフ同士のやり取り」という項目があります。
取材の際ふと垣間見えるスタッフ同士のやりとりの中に
“親しみ”や“気遣い”“尊敬”、時に“ちゃめっけ”などが現れると、
表からは見えないバックヤードまでも雰囲気が良いことがわかり、
ホテル全体に行き渡る良い空気感の中、
滞在者も快適に過ごせると思うから、です。

実は数ある東京のラグジュアリーホテルの中でもその
「スタッフ同士のいい関係」を頻繁に目撃するのが
ザ・ペニンシュラ東京。

これからの10年、20年も、同僚同士の仲の良さ、
チラッチラッとこぼれ見せる、良きホテルであってくださいね。

2017年11月10日 (金)

こりゃウケる! 世界基準な東京土産登場!!!

ハロウィンが終わって、
一気にクリスマスカラーが押し寄せる季節がやってきましたね!

先日も東京ディズニーランドのクリスマスを取材してきましたが、
とにかく早く情報を発信したい一心で、
パーク内のレストランで取材の合間にパソコンをカタカタカタカタ・・・
夢の国の雰囲気をひそかにぶち壊していたかもしれません、嗚呼お許しを!
(そんな猪突猛進で書いた記事
「TDLのクリスマス2017で絶対見たい!6つの初登場」

さて、「クリスマス」「年末」「お正月」なんていうキーワードが
違和感なく飛び交っているこの時期、
帰省のおみやげは何にしようかなぁなんて考え始めるシーズンでもありますが、
そんな中、新たな強力な世界基準?な東京土産
もうすぐ登場するという情報を入手いたしました!

コチラ!『東京ばな奈 キットカットで「見ぃつけたっ」』
(キットカット  東京ばな奈味)

8 枚入り 650円/15 枚入り1200円(税別)

そう、安定感抜群の「東京ばな奈」と
世界中で親しまれている「キットカット」が合体した、
コラボ商品です!

キットカットのウエハースの間に、
東京ばな奈の代名詞・しっとりしたバナナクリームがサンドされているのですが、
一足お先にいただいたところ、
どうしてこの小さな隙間に、こんな濃厚な味を詰め込めるのっ?!
と驚きのバナナ味!
パッケージを開いた瞬間バナナの香りに包まれるのも衝撃です。

バナナなキットカットは11月15日(水)~
東京駅一番街 地下1階 「東京おかしランド」 で販売スタート。

どちらもよく知っている商品だけに、
渡した途端「なにこのコラボ!」と盛り上がること間違いなしでしょうね☆

«ヒットの予感! “こわかわいい”ハロウィーンブッフェ

フォト

ふじまるの仕事

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ