« 浴衣が似合うホテルでぞっとする・・・ | トップページ | 鉄道・いけるクチ »

2009年8月 5日 (水)

弟子入り

突然ですが・・・

P1050506_2
食の世界に弟子入りしました!

・・・といっても数分だけでしたが。

Shinjuku_m3t9750
本日8月5日(水)、
新宿にパリの高級ベーカリー『ドミニク・サブロン』がオープンします!

あの老舗フランス料理店『マキシム・ド・パリ』が、
数年がかりで口説き落とし、
2008年、東京・赤坂に上陸したベーカリー『ドミニク・サブロン』。
パンで5本の指に入るという極上のパンを求め、
小さなショップに長蛇の列という光景は、
いまや赤坂サカスの名物となっていますが、
ショップに工房を併設した、広々としたお店『ラトリエ ドミニク・サブロン』が、
新宿三丁目駅すぐそばに開店です!

その内覧会に参加させていただいたのですが、
すんごいことに、パン作りの現場・工房に入らせていただき、
な・なんと、サブロンのパンを、
1工程、やらせていただいちゃったんです。

P1050481
お店の立ち上げに尽力された
シェフ ブーランジェ・榎本哲さん自ら工房を案内してくださいました。
(榎本さん、この時点で3日徹夜だったそう・・・オープニングは大変ですね。)

P1050486
こちらはベーカリーの命・天然酵母!
日本で展開するお店のために、
フランスで作ったものをサブロン自ら東京へ運んだそうです。

そして遂にサブロンのパン作りの一部をさせていただける瞬間が!
コックコートを身につけるのも初体験で、気分が上がる上がる!!

P1050497
パンの表面に切り込みを入れる「クープ入れ」という作業をしたのですが、
一緒に内覧会に臨んだ記者さんたちも、緊張の面持ち。
シェフは軽やかにスススーっと切り込みを入れるのですが、
もっちりしたパンに道具をとられ、結構苦戦・・・

P1050512_2
そしてできあがったのがオリーブがふんだんに含まれた
チャパタ・オ・オリーブです!

言ってしまえば切り込みを入れただけなんですが、
サブロンのパンに自分の思いも入ったようで、感動もひとしお。
帰宅して10時間経っても、未だ食べられてません。

『ラトリエ ドミニク・サブロン』では、
シェフとゲスト、
パンとゲストが近づくお店に・・・をコンセプトに、
こういった「体験」や「工房見学」をどんどん開催していく予定だとか。

超有名ブーランジェの一員になった気分を味わえる体験。
かなりおすすめですよ!!


« 浴衣が似合うホテルでぞっとする・・・ | トップページ | 鉄道・いけるクチ »

日々のできごと」カテゴリの記事

コメント

パンにこだわるというのはいいですね。
おいしいパンならばそれだけで幸せな気分になれます。
そういえば、ウエディング・ケーキの由来はパンだったそうです。
食べるものにも困るような男女が結ばれて、二人で手を取り合って一切れのパンを切り分けた。
この二人は幸せな人生を歩んだことでしょう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1141377/30836978

この記事へのトラックバック一覧です: 弟子入り:

« 浴衣が似合うホテルでぞっとする・・・ | トップページ | 鉄道・いけるクチ »

フォト

ふじまるの仕事

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ