« 田園調布で“ぺろっ”とアンチエイジングにはまる | トップページ | 天使のファッションチェック »

2009年11月 5日 (木)

田園調布の決めゼリフ

前回のblogの番外編。

『けやきガーデン』に行くのに、田園調布の駅から歩いたのですが、
実は・・・ワタクシ迷子になってしまいました。

田園調布は、駅から放射線状に道が延びているのですが、
1ミクロンの迷いもなく左左へと進んだ私。
実は右が正解でして、
知らないうちに『けやきガーデン』からどんどこ遠ざかっていたんですね。

しばらくしてなんか変だぞ、おかしいぞと気がついたのですが、
イベントスタートの時間は迫ってくるし、
見渡すかぎりお屋敷という高級住宅街のど真ん中、
自分がどこにいるかもわからず、
焦・焦・焦・・・

そんな私の前に、お~神様っ!交番がっ!

道を尋ねたところ丁寧に教えて下さり、
さらには、お礼を言って立ち去ろうとする私の背中に向けて一言、

『お気をつけて~!』

まぁなんて素敵なお巡りさんなんでしょう。
ちょっと感動しながらも、かなり競歩なモードで先を急ぎます。

そして道が二股に分かれているトコロで不安になっていると、
今度は田園調布のマダムが登場。

ここでもまた懇切丁寧に道を教えてくださったのですが、
ありがとうございましたと先を急ごうとする私の背中に・・・

『お気をつけて~!!』

coldsweats02 驚

通りすがりの迷い人の背中に、“お気をつけて”・・・とは、
なんと素晴らしいホスピタリティ!
田園調布での常識?!決めゼリフなのでしょうか。

日本を代表する高級住宅地には、
よそ者にも優しい気遣いが溢れていました。

(・・・もしくは遅刻している私の形相が、よっぽど危なかったとか??)

« 田園調布で“ぺろっ”とアンチエイジングにはまる | トップページ | 天使のファッションチェック »

日々のできごと」カテゴリの記事

コメント

ははは。さすが藤丸さん。 田園調布で迷子になるとは。
私が子供の頃の旧友が数多くこのあたりにお住まいです。
さて、田園調布は昔からきれいな住宅街で人々は親切でしたよ。
そのときのエピソードです。
子供の頃の私が友人と外で遊んでいました。
少々お腹がすいてきました。
彼とお肉屋さんでコロッケ一個づつ買って食べました。
お肉屋さん、ありがとうございました。

今でもこの人々の親切さがそのまま受け継がれているようですね。
うれしく思いました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1141377/32074132

この記事へのトラックバック一覧です: 田園調布の決めゼリフ:

« 田園調布で“ぺろっ”とアンチエイジングにはまる | トップページ | 天使のファッションチェック »

フォト

ふじまるの仕事

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ