« ふじママの『今夜も沈没☆酔いどれ日記⑲』 | トップページ | ふじママの『今夜も沈没☆酔いどれ日記⑳』 »

2010年5月27日 (木)

ミラクルガレット

雨がしとしと・・・今月は雨が多いような気がしますが、
梅雨の季節が近づいているからなのでしょうか。

さて最近も色々取材させていただいておりますが、
なかなか出来ない体験もいたしましたねぇ。

P1080087
こちらは小田急線・成城学園前にオープンした
「コート・ド・ルージュ カフェ×ドミニク・サブロン」

フランスの三ツ星レストランで使われ、
専門家や美食家をうならせるドミニク・サブロンのパン。
日本でも新宿のお店やデパートなどでその味を楽しめるようになりましたが、
成城のお店は、ドミニク・サブロンオリジナルレシピの元作られた
ガレットやクレープを味わえる、日本初のお店なのです。

取材ではそのガレットを試食するものと思いきや・・・
P1080110
作ることに!

(「あれ?なんかふじまる、前もこんなことがなかったけ?」
と、デジャブを感じた方はコチラ

シェフにご指導いただきながら、おそるおそる生地に具材をON!
P1080122
・・・自分でもあきれるぐらい真剣な表情。
この集中力を勉強に向けられていたら、
人生変ったことでしょう。

P1080128
あ!なんか私でもカタチになったかもっ!!

P1080131
できたー!!!

というわけで、めでたし、めでたし。

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・うっ、悪寒が・・・

じっ・・・実はですねぇ・・・

一緒に取材に行った、構成作家K嬢から、
「Blogに載せるなら、絶対この写真を載せなきゃだわよ」と、
呪いをかけ・・・いえ、アドバイスいただいた画像がありまして、
やはりこのまま隠しておくのは良心が痛みますのでご披露します。

P1080114_2










ぐっちゃ
  ぐちゃ!!








はい~・・・そうなんですぅ・・・

走り幅跳びの砂場の足跡を消す、棒のような調理器具を全く上手く扱えず、
ガレットの生地、ご覧のような酷い有様になったのでございます。

整えて下さったのは、もちろんシェフ。

というわけで、
「コート・ド・ルージュ カフェ×ドミニク・サブロン」には、
どんなアクシデントにも打ち勝つ、
ミラクルハンドをもつシェフがいらっしゃいますので、
その手で作られた美しいガレット、店で存分に楽しんで下さいね!
(どんな〆?!)

« ふじママの『今夜も沈没☆酔いどれ日記⑲』 | トップページ | ふじママの『今夜も沈没☆酔いどれ日記⑳』 »

日々のできごと」カテゴリの記事

コメント

藤丸さん、とても良心的なお話ありがとうございます。
ガレット。おいしそうですね。

・・・うっ、悪寒が・・・

実は、この記事で初めてガレットの存在を知りました。

さてさて、真実のほどは知りませんが、ウェディングのケーキ入刀。
源流はパンだったそうです。
貧しい男女が結婚したとき、一切れのパンを二人で手を取り合って切り分けた。
パンには幸せや美しいエピソードがたくさんありますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1141377/34898849

この記事へのトラックバック一覧です: ミラクルガレット:

« ふじママの『今夜も沈没☆酔いどれ日記⑲』 | トップページ | ふじママの『今夜も沈没☆酔いどれ日記⑳』 »

フォト

ふじまるの仕事

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ