« 岡山・文学散歩の旅~♪ | トップページ | 凄い努力、凄い目ヂカラ、凄い“ずれ” »

2012年7月22日 (日)

不思議体験満載! 岡山文学散歩の旅~その2~

『メロディアスライブラリー』番組5周年のスペシャル企画、
4回に渡ってお送りしてきた岡山文学散歩の旅
本日のオンエアがラストでした。いかがでしたか?

今回の旅では「きてます・・・確実に何かが降りてきてます!」
というような、偶然というには出来すぎのできごとがいっぱいありました。

例えば・・・

Okayama24

日本三大名園の一つ後楽園で収録中、
内田百閒の話をしていたら、
「子供の時から朝は丹頂の鶴の
けれい、けれいと鳴きわたる声で目をさました」と百閒が書いている鶴が、
唐突に(餌の時間でもないのに)鳴き出したり・・・

Okayama26

その百閒の文学碑がある公園で収録していたら、
百閒が大好きだった猫が、どこからともなく現れたり・・・

Okayama23

そしてなんといっても見えない何かの力を強く感じたのは、
桃太郎伝説の残る吉備津神社で臨んだ『鳴釜神事』にて。

Okayama22

釜を炊いた時に鳴る音の強弱や長さによって吉凶を占う神事で、
今回私たちは
「5周年を無事迎えられましたが、次の5年も続けていけますように」
というお願 いをし、その吉凶を音を聞いて判断することになりました。

番組スタッフ一同、吉を願ってドキドキで神事に臨みましたがその結果は・・・!

ぶおぉぉぉぉおぉぉおぉぉおおおぉおおおぉぉぉ~ん・・・・


こんなに?!と嬉しくなるぐらい、力強く、お釜は元気に鳴ってくれたんです。

神社の方によると、
毎回同じように神事に臨んでも、とてもよく鳴るときもあれば、
まったく鳴らないこともあるそうで、
その差が何によって生まれるのかは不明だそう・・・。

そんな摩訶不思議な体験に彩られた岡山文学散歩の旅。
記憶に残る、そして岡山の温かさに包まれた楽しい旅となりました。

次回からはスタジオに戻って、いつも通りの放送をお送りします。
神様にも「続けて吉!」とお墨付きをいただいたメロディアスライブラリー、
さらに5年、そしてもっともっとさらにさらに先を目指して、
スタッフ一同、番組作りに精を出して参ります。

えいえいおー!


【おまけ】

Okayama27
吉備津神社の前のお店にて、バイトしている鬼を発見。
桃太郎との戦いに負けてこんな事に?!
敗者の悲哀を感じました・・・がっ・・・がんばれー・・・

« 岡山・文学散歩の旅~♪ | トップページ | 凄い努力、凄い目ヂカラ、凄い“ずれ” »

メロディアスライブラリー」カテゴリの記事

コメント

先日は、ありがとうございました。
楽しく参加させていただきました。

扨て、オチの鬼の末路・・・、笑ってしまいました。
私もがんばらねばっっ!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1141377/46421543

この記事へのトラックバック一覧です: 不思議体験満載! 岡山文学散歩の旅~その2~:

« 岡山・文学散歩の旅~♪ | トップページ | 凄い努力、凄い目ヂカラ、凄い“ずれ” »

フォト

ふじまるの仕事

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ