メロディアスライブラリー

2017年7月16日 (日)

番組10周年記念北海道文学旅③~池澤夏樹館長!

みなさんに支えられて10周年!
メロディアスライブラリー北海道文学の旅、旅の後半は札幌へ移動し・・・

Hokubun1
街中にあるとは思えない、緑あふれる文学館・北海道立文学館へ。


Hokubun2
文学館は、芝生が素晴らしく美しい中島公園の中にあり、
文学について知識を深めたあとは緑の中で寝転んで読書したい・・・
そんな読書欲をくすぐるスポットです。
文学館というとちょっと堅苦しいイメージかもしれませんが、
こちらのくつろいだ雰囲気に誘われてか、
デートスポットとしても人気だそうですよ。

さて館内を谷口孝男副館長に案内していただいたのですが、
1周すると北海道文学の歴史・流れがとても良く理解できる
わかりやすい常設展示室は必見!


Hokubun3
アイヌ民族の文学からスタートして、
明治時代北海道に現れた文学者たちのこと。
大正から昭和の北の大地での創作活動。
終戦直後には出版社がこぞって北海道に移ってきたという歴史を知って、
小川さんも大変驚いていました。
そして我らが三浦綾子さん、渡辺淳一さん、倉本聰さん・・・今につながる方々まで。

中には渡辺淳一さんのミューズともいえる加清純子さんの写真も。
彼女の衝撃的な生き様は中学生の頃から知っていたのですが、
その姿を写真で見るのは初めて。
「やっと会えたね・・・」的な感慨もありその前からしばし動けませんでした。
(文学のことでもミーハーなワタクシ)


Hokubun5
そして常設展示にも登場されている池澤夏樹さん
この北海道立文学館の館長をされている池澤さんに
今回お会いすることができました!


芥川賞作家で、今も精力的に作品を発表していらっしゃる池澤さん。

今回番組で取り上げた「静かな大地」では私を泣かせた池澤さん。
(勝手に泣いたんですが)

週刊文春「私の読書日記」では、ほぼ月1ペースで書評を発表されている池澤さん。

世界文学30冊、そして日本文学30冊の、個人編集全集を刊行している池澤さん。

つまり、笑撃作・町田康さん翻訳の「宇治拾遺物語」を世に出して下さった池澤さん。

そして!北の大地で文学館のリーダーを務められている池澤さん・・・

「作家は体力勝負」と常々小川さんも言われていますが、

一体どんな超人とお目にかかれるのか?!


Hokubun4
やや緊張気味の私たちの前に現れたのは、
物腰柔らか、
例えば全集について質問すると、
私にもわかるよう編集のいろはの「い」から懇切丁寧に説明して下さる、
とても気さくな方でした。

そのお人柄は小川さんとの対談・
7月16日(日)、23日(日)午前10時~の
パナソニックメロディアスライブラリーを聞けば伝わってきますよ☆





【おまけ・・・というかふと疑問に思ったこと】

「作家は体力勝負!」とおっしゃる小川さん。
日々規則正しく、とても健康的に過ごされていますが、
ブームが去った相当後まで
「ビリーズブートキャンプ」を真面目にされていたんですよね。

あれ・・・いつ止めたんでしょうか・・・

はっ!もしや・・・
まだやっている?!?!?!?!?!?!

2017年7月 9日 (日)

番組10周年記念北海道文学旅②~アイヌ文学を旅する

みなさんに支えられて10周年!
メロディアスライブラリー北海道文学の旅、続いての目的地は…

Ainu6
旭川の川村カ子トアイヌ記念館
萱野茂さん著
「アイヌの昔話-ひとつぶのサッチポロ」を携えてやってきました。

Ainu4
昨年設立100周年を迎えた日本最古のアイヌ博物館で、
旭川近文アイヌの首長だった川村イタキシロマが開設。
館長は代々家族が継ぎ、
一族でアイヌの風俗を伝える品々を保存・展示してきた貴重なスポットです。

アイヌの昔話もユニークですが、
アイヌ文化を今に伝える展示品にも驚きがいっぱい!

Ainu3
北海道の厳しい寒さをしのいできたチセ(伝統民家)。
壁が笹の葉でできているのですが、これだけの厚みがあるんです!
笹を集めるのも、なめしたりするのも、さぞ大変だったことでしょう。

Ainu1
衣服・装飾品などに施された模様はデザイン性が非常に高く、
小川さんも1品1品に関心。

そして何といっても忘れられない一品となったのが、
コチラ!

Ainu2_2
なんだかわかりますか?

鮭の皮でできたブーツです!!!
昔は川からあふれるほどいたという鮭。
魚なのでその皮は防水性が高いし、
背びれを靴底にもってくればスパイク代わりになって滑らないという
冬には欠かせないアイヌの知恵の詰まったアイテムです。
一見パッチワークっぽいデザイン。
まさか鮭のパッチワークだったとは・・・!

番組に出演していただいた副館長の川村久恵さんに
展示品をくまなく説明していただきましたが、
家庭で子熊を飼って、人間の母乳で育てていた風習や、
首長に選ばれるには「手先が器用であること」が絶対条件だったとか、
「ラッコ」「ピリカ」はアイヌ語だとか、
小川さんと2人、ずっと「へー!」「へー!!」と言っていたような気がします。

同じ日本に住んでいるのに知る機会が少ないアイヌ民族のこと。
北海道という国内に、こんなにも魅力的な文化があります。
旭川に行くことがあれば是非川村カ子ト記念館へ。
でもまずはアイヌの昔話を手にとって、
アイヌの情緒を味わってみてはいかがでしょうか。

【おまけ】

Ainu5
             小川さんと私の衝撃度を物語る証拠写真。

 

                  この時何を聞いたかは・・・不明ですが。

2017年7月 2日 (日)

番組10周年記念北海道文学旅① “氷点”を旅する

7月!

『メロディアスライブラリー』は今月放送開始10周年を迎えました。
小川洋子さんとラジオを通じて文学遺産を楽しんで下さっているみなさん。
みなさんの支えあって、ここまで回を重ねることができました。
本当にありがとうございます。

さて「10周年の節目にはどこかへ文学旅行したいねぇ~」と
前々から憧れのように話していたのですが、
念願かなってスタッフ全員、本を携え北海道へ飛ぶこととなりました!

まずは番組でもかつて2週に渡って熱く取り上げた
三浦綾子さんの『氷点』の舞台・旭川へ。
タクシーの運転手さんは「旭川といえば氷点だよ!」と誇らしげに説明してくださるし、
街には「氷点橋」「氷点通り」が。
もちろん作品に出てくるスポットも街中に点在しているし、
旭川は「三浦綾子テーマパーク」のような場所なのです。

Hyo1
今回は『氷点』の重要な舞台となった外国樹種見本林の中に建つ
「三浦綾子記念文学館」へ。

Hyo9
番組に出演してくださった学芸員の長友あゆみさんに
早速見本林を案内していただきました。

その名の通りドイツの林にでも迷い込んだような、
日本林離れ(?)した雰囲気の異国情緒あふれる場所です。

Hyo8
数歩歩くごとに
「辻口家」「陽子が北原と出会った場所」「陽子が別れを告げた場所」など
『氷点』の名シーンが次々現れます。
学芸員さんたちは文章を丹念に分析しながらその場所を推理し、
看板を設置しているのだそう。


Hyo2
堤防沿いの何気ない道がどこまでも直線で、消失点がとても北海道らしかったり、
本州とは違う緑の色(黄緑っぽい)も印象的でした。

Hyo7
番組の収録は文学館の2階で。
まるで木の中に部屋があるかのよう!緑あふれる文学館です。

Hyo3_2
三浦綾子さんの作家活動の全てが1周でわかる第一展示室では
その超人的な執筆量に小川さんと二人で度肝を抜かれました。

Hyo6
三浦ご夫妻の写真が数多く展示されていますが、
綾子さんのおちゃめな表情やお2人のラブラブ写真、
結核療養中でもお酒やタバコを止めない不良患者だった、
なんていう綾子伝説を聞くにつれ、
「罪」や「許し」を追求した真面目な作家のイメージの三浦綾子さんが
以前よりかなり身近になりました。

旭川に行って得た三浦綾子さんの空気感。
今後の読書のためにも大収穫でした!



【おまけ】

三浦綾子さんの作品などが販売されている文学館の売店。

大人気商品はこれだっ!!!!!





Hyo4

                            「綾子ミント」(216円)!!!

                見本林の空気のような爽快感をあなたに・・・


                                                         (すいません、勝手に宣伝文句考えました)

2016年7月 9日 (土)

【感謝】番組9周年記念!ドナルド・キーンさんにお会いする

ラジオ番組『メロディアスライブラリー』
今月無事9周年を迎えました。

毎週本当に沢山のメッセージをお寄せいただいているので、
マイクの向こうにいて下さるリスナーのみなさんの存在を実感しながら
番組スタッフ一同、ここまで回を重ねることができました。
今月からは気持ち新たに、
記念すべき10周年を目指して1週1週オンエアしてまいりますので、
変わらずどうぞよろしくお願いします!


Dk1
さて番組○周年記念はいつもスペシャルな企画をお送りしていますが、
今回は東京北区立中央図書館へおでかけ。

一見赤レンガのレトロな面持ちの図書館ですが、実は中はとても近代的。



バリアフリーも完璧で、他の図書館の方が見学に訪れるほどの高機能。
この日偶然、私が住む区の方が視察に訪れていて、思わず、
「こういう図書館、作ってください!」とお願いしてしまいました。


そして北区立中央図書館の大きな見どころが
「ドナルド・キーン コレクションコーナー」

日本文学研究者で2012年日本国籍を取得されたキーンさんが
北区名誉区民であることなどがご縁で、
この図書館に自身の蔵書を寄贈。
さらにキーンさんの著書や資料、
交流のあった作家の本などを集めて作られたのが、このコーナーなのです。



キーンさんの蔵書。
執筆のための資料でしょうか。
余白にびっちりと書き込みのある本や、
日本人でも読むことが難解・・・いやぶっちゃけ読めない本も沢山あり
キーンさんの凄さを実感!



交友関係の広さも凄いんです。
キーンさんに贈られた安部公房の直筆入り本。
「こんな個性的な字を書く人だったんですねー」と、
小川洋子さんと2人でびっくりした展示物です。


Dk6
そしてそしてこちらのコーナーに
ドナルド・キーンさん、ご本人をお迎えして、
小川さんとキーンさんの対談が行われました。


Dk3_5
優しげで、キュートで、魅力いっぱいキーンさんの周りには
自然と人が集まってきます・・・お人柄ですね!


Dk5
そんなキーンさんが最新著作『評伝 石川啄木』について語られる放送は、
明日7月10日(日)午前10時~。
あなたの街のJFN系FM局でお耳にかかりましょう☆


2015年7月 7日 (火)

林芙美子の宅にお邪魔!

今月は「メロディアスライブラリー」のバースデー月!

無事shineshine8周年shineshineを迎えることができました。

番組を聴いてくださっているみなさんがいてこその8年。
スタッフ一同、感謝しながら8周年を噛み締めています。

さてバースデー月はスタジオを飛び出して、
文学に縁ある場所からオンエアするのが恒例となっていますが、
今回私たちが選んだ場所は・・・


Hayashi1
新宿区区立林芙美子記念館

日本を代表する女流作家

森光子さんのでんぐり返しで有名な『放浪記』の著者!

波瀾万丈な生涯が桐野夏生さんの小説『ナニカアル』の題材にもなり、

一部NHKの朝の連ドラ『花子とアン』の宇田川先生のモデルになっていたと噂の

林芙美子が晩年暮らしたお屋敷です。


Hayashi2_4
新宿駅から地下鉄と徒歩で20分足らずというロケーションにありながらこの間取り!

見取り図を見ただけでお屋敷好きな小川さんと二人、うきうきしてしまいました。

しかし実際は予想以上の凄さ・・・


Hayashi6
・・・みなさま、こちら京都でも金沢でもございません。
新宿区です。

林芙美子が参考書を200冊近く集めて建築を学び、
こだわりぬいて建てたお家はとにかく緑が気持ちのいい空間。
芙美子亡き後、この屋敷を保護した夫の緑敏がデザインして整えたそうですが、
自由奔放な妻を大きな愛情で包んだ緑敏さんの想いが、伝わってくる美しい庭です。

さてお屋敷の中はというと、インテリアや食器に至るまで
芙美子のセンスの良さが息づいていました。


Hayashi8
例えば家族揃って食事をとったという部屋の卓袱台。
今では珍しくありませんが人数によって大きさが変えられるようになっていて
足には細かい~彫細工が。


Hayashi4
わざわざ印度更紗を貼らせたという襖や・・・


Hayashi9
一見よくある和室のようですが、襖の手がかりがオシャレで、
収納もばっちりのお茶の間など、
若いころ極貧の中生き抜いてきた芙美子の“憧れ”を実現したのかな、
と想像させる、心温まるお家なのです。

中でも私が一番印象に残ったのは・・・


Hayashi7
芙美子の自画像!

芙美子自身は眼を見張るような美人というわけではありませんでしたが、
自分の魅力を十二分にわかっていたんだろうなぁ・・・と思わされる
なんともオシャレな自画像。
亡くなるまで様々な男性との関係が噂されたことにも、納得でした。

こんな林芙美子の人柄を今に伝える記念館からのオンエアは、
今週末7月12日(日)10:00~も!

小川さんが「林芙美子の短編に、こんな凄い作品があったとは!
番組8年やっていても、まだまだ出会っていない文学遺産がありますね」
と唸った林芙美子作品をとりあげますよ。

お時間あれば是非!!


2015年3月30日 (月)

小熊の解体ショー?!


本日の「メロディアスライブラリー」は、子鹿の『バンビ』を取り上げましたが、
実はスタジオでは小熊の解体ショーが行われました?!


ザ・ペニンシュラ東京の玄関でゲストを迎えてくれるページボーイ。
その制服を着た小熊をかたどった、
大きなチョコレートを先日いただいたのですが、
あまりのかわいさに壊すのが忍びなく、
番組の休み時間に小川洋子さんにナイフを入れていただき
(押し付け?!)ました。


高さ約15cmのペニンシュラベアの中からは、
なんと!スイート・ミルク・ラズベリーの10個のクランチチョコレートが!
豪華すぎるっ!

チョコレートもさすがザ・ペニンシュラ東京の味わいで、
スタジオではスタッフ一同大盛り上がり!
ホームパーティーの手土産などで持って行ったら喜ばれそうです。

さぁ糖分補給もバッチリしたところで、
来週も名作と小川洋子さんとの語らい、お届けしますよ。

4月5日(日)は高樹のぶ子さんの『光抱く友よ』です。
お楽しみにっheart02

2014年11月 1日 (土)

【朗読会のお知らせ】読みますわ!明治のセレブのライフスタイル

今日から11月。
そして今年も残すトコロもうあと2ヶ月です。

振り返ってみれば、今年も番組や取材を通して
色んな方たちとお会いすることができました。

その中の一つのご縁がキッカケで今月、
shine人生初shineのあるチャレンジをすることに!!




それは・・・




book 朗読会 book


です!




Ougai3
7月に『メロディアスライブラリー』のお出かけ企画でお邪魔した
スタイリッシュな文学館・文京区立森鷗外記念館

今記念館では、鷗外が生きた時代文化の発信源となっていた百貨店『三越』と
鷗外との関わりをクローズアップした特別展
「流行をつくる―三越と鴎外―」が開催中。
その最終日11月24日(月・祝)に、
三越のPR誌に掲載された鷗外の妻と妹の作品を、
ワタクシ・藤丸が朗読させていただくことになりました。

詳細はコチラ↓
朗読会「森家の女たち―森志げ、小金井喜美子作品を読む」



Rodoku1
当時の注目スポット・三越の様子はもちろん、
“明治のセレブ”のライフスタイルや、
音楽、ファッション、グルメ、
それから当時の新婚さんのいちゃheart04いちゃheart04風景なんかも出てきて、
とっても興味深い作品なんですよ。

しかも取り上げるのは、一般に書籍化されていない2作品。
こんな貴重な作品を朗読するなんて・・・光栄です。

さらに今年大ヒットした朝の連ドラ『花子とアン』の同時代の話。
「蓮さまも三越チェック、されていたのかしらん」
・・・などと、ついつい妄想もしてしまいます。

朗読会への参加は抽選の上になりますが、
11月7日(金)締め切りですので、
鷗外が好きな方、
珍しい作品に触れたい方、
そして『花子とアン』が終わってしまって寂しい方などなど、
ご興味ありましたら是非ご応募ください!!

というわけで、
明治時代の歴史的仮名遣いと絶賛格闘中のふじまるでした coldsweats01

ごきげんよう~

2014年7月13日 (日)

鷗外と仲良くなれる記念館

さて本日第二弾をオンエアした
「メロディアスライブラリー」7周年記念おでかけ企画、
いかがでしたか?

さて、今回お邪魔した文京区立森鷗外記念館の中は
どのようになっているかというと・・・


Ougai3
エントランスでは、鷗外氏がスタイリッシュに出迎えてくれます。

展示室にはもちろん鷗外ゆかりの貴重な品々があふれんばかり。
中には鷗外が歩いている映像なんていう他ではお目にかかれないものも!
実は当時映像に映っているとは知らなかった鷗外。
後から自分が映っているのを知って、
もっとゆっくり歩いて長く映れば良かったよ!と家族に話したという
エピソードも残っているそうです。


Ougai2
この他にも鷗外の直筆原稿などが保管されている図書室や・・・


Ougai4
オリジナルグッズがいっぱいのミュージアムショップ


Ougai5
鷗外のエピソードが詰まったお庭を眺められるモリキネカフェなど
ゆったりしたいコーナーが一杯。


Ougai1
記念館オリジナルのどら焼きも美味しゅうございました。
(鷗外先生を食べちゃうのはちょっと躊躇しましたが)

正直「舞姫」を読んで以来、すっごく鷗外の印象が悪かったのですが
(どうしても主人公のダメ男・豊太郎と鷗外が重なってしまって…)
この記念館にお邪魔して、家族を大切にする優しいパパの一面や
多趣味で交友関係が広かった一面を知って、
鷗外のイメージが明るく、親しみやすくなりました。

鴎外と仲良くなれる文京区立森鷗外記念館。
夏休みの自由研究のネタもいっぱいありますよ!!

2014年7月 6日 (日)

祝☆7周年! 森鷗外のお家へ?!

本日の放送をもちまして、
「パナソニック メロディアスライブラリー」
番組開始7周年を迎えました!

番組を聴いてくださっている方、
心温まるメッセージを寄せてくださった方、
みなさんのお陰で7年という月日を積み重ねることができました。

ありがとうございます。

そしてこれからも末永~~~~く、よろしくお願いします。


Ougai8

さて今週から2週に渡って、
番組はいつものスタジオを飛び出しまして・・・

日本が誇る明治の文豪・森鷗外のお家から放送です!!!


Ougai2

文京区立森鷗外記念館


森鷗外が亡くなるまでの30年間を過ごした地に2012年にオープンした、
鷗外の幅広い活躍を紹介する記念館です。


Ougai4

千駄木の高台に建つ記念館の入口からは、
絶妙すぎる隙間から東京スカイツリーを愛でることもできます。

さて記念館のスタイリッシュな面持ちからもお分かりのとおり、
鷗外が実際に住んでいた家屋は焼失してしまい、残っていません。

しかし・・・


Ougai3

このダイナミックな敷石!


Ougai1

この立派な銀杏の木!!


Ougai6_2

そしてすわり心地の良さそうなこの石!!!
などは、鷗外の住居にあったもの。
(この石に鷗外が腰掛け、
幸田露伴と齋藤緑雨と3人で写っている写真が残っています)

知れば知るほどテンションが上がってきまして、ワタクシ、
敷石の上では「鷗外も毎日踏んでいたはず!」と意味不明に仁王立ち。
足元から鷗外に繋がれたかしらん・・・ 

それにしても記念館には展示室、図書室、講座室、庭園まであって
東京都心としては相当な広さなのですが、
鷗外が住んでいた頃よりは小ぶりになっていると聞いて
小川洋子さんとびっくり!
鷗外のセレブ度も体感できる記念館です。

さて気になる記念館の中については、次回のblogでご報告します!
来週13日(日)10:00~の放送も、どうぞお聴きくださいませ。

2013年7月 7日 (日)

東京子ども図書館!

遂に・・・いや早々と東京も梅雨明けですね。
気分は一気に夏真っ盛りですが、
私もこんな記事や、こんな記事を仕込んで夏支度していました。

明日からも、東京は夏休みに向けた新規オープン施設の内覧会が目白押しで、
暑さに負けちゃぁいられません!


さて、今朝お届けした『メロディアスライブラリー』
番組スタート6周年記念でお出かけ企画。


Kodomo1
東京中野区にある東京子ども図書館からお送りしました。

これが「近くに住みたかった!!!」と身悶えしてしまう程素敵な図書館!


Kodomo4
子どもと、本に関わる人のための私立図書館で、
幼児から中学生までを対象にした図書室『児童室』と、
児童文学に関連する研究書がひしめく『資料室』などがあります。


Kodomo7
専用の『おはなしのへや』で行われる、
“語り”で子どもたちを別世界へ連れて行ってしまうお話会や、
子どもの興味にとことんつきあう読み聞かせなど、
子どもが本を好きになるような仕掛けがいっぱい。


Kodomo5
3才の誕生日を迎え、本を借りられるようになった子どもは、
画像のようなきまりを守れることを誓い、
字が書けなくても、かならず自分で“宣誓のサイン”をするのがルール。
(線や点、○でもなんでもOK)

その結果、本を延滞したり、汚してしまうということはほとんどないそう。
(たまに「守れるかなぁ・・・」と真剣に悩む子もいるそう、微笑ましい!!)


Kodomo6
「こんな図書館が近くにあって、近所の方は幸せですねぇ~」
と、小川洋子さんと何度も羨ましがってしまいました。


Kodomo2
絵本作家、翻訳家、そして東京子ども図書館理事長の
松岡享子さんをお迎えした本日のオンエア。

来週7月14日(日)10:00~も松岡さんにご登場いただきます!

その他のカテゴリー

フォト

ふじまるの仕事

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ